髪型とクセ別!縮毛矯正をかける期間と持ちを良くする3つの方法

2018/12/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪型とクセ別!縮毛矯正をかける期間と持ちを良くする3つの方法

こんにちは!髪質改善が得意な美容室ENORE(エノア)です!

「クセが酷くて髪がまとまらない、、」
「サラサラヘアに憧れる、、」

そんな方のお悩みを解決するのが縮毛矯正ですよね(๑╹ω╹๑ )☆
ただ、いざ縮毛をするようになると

・どのくらいの期間でかければ良いんだろう?
・そもそも縮毛矯正の持ちってどのくらい?
・頻繁に縮毛しすぎると髪の毛のダメージは大丈夫なの?

など、わからない事がいっぱいあると思います。という事で今回は縮毛矯正をかける期間や頻度について詳しくご紹介していきますね!

*縮毛矯正の期間以外も色々知りたい!そんな方はこちらもチェック!

縮毛矯正とストレートパーマの違いって??知ってほしい9つのコト。

こんにちは!髪質改善が得意なサロンENORE(エノア)です( *`ω´) 縮毛矯正はくせ毛でお悩...

縮毛矯正ってどれくらいもつの?

「縮毛矯正の持ちが良いんですよ〜」って聞くとなんだか良い縮毛矯正な気がしますが。そもそも持ちってなんなんでしょうか?一度縮毛をかけた所も時間が経つと、落ちてクセが戻っちゃうのでしょうか?まずはそこからお話ししていきますね!

まず、縮毛は一度かけると半永久的に取れません

実は、縮毛矯正をかけた部分は半永久的に縮毛がかかったまま維持されます!なので、手を加えなければ縮毛をかけた部分はずっと真っ直ぐなんです!ここで「あれ?でも時間が経つと縮毛している部分がうねってる事ない?」って思った方。

縮毛をして1週間以内のうねり→縮毛がちゃんとかかってなかった
縮毛をして2〜3週間以降のうねり→髪の毛のダメージによるうねり、広がり

である可能性がとても高いです。お客様の髪の毛を直接見ないと何とも言えませんが、縮毛をかけたのにうねりが気になる。という方は行きつけの美容師さんに相談する様にしましょう!

縮毛の持ちは何で変わる?

縮毛をかけた後も根元から生えてくる部分はクセ毛ですから、そのクセ部分がどんどん伸びる事で縮毛をかけて真っ直ぐな毛先部分も影響が出てきます。それで、みなさん縮毛がまたしたくなるのですが、縮毛の持ちは

・クセの強さ・髪質(クセが強いほどすぐに気になっちゃいますよね)
・ヘアスタイル(髪の長さが短いほどクセの影響を毛先が受けやすく、すぐ気になります)
・カット・縮毛矯正(カットの仕方や縮毛の仕方でクセが伸びてきてもある程度抑えることは出来ます!)
・髪のダメージレベル(髪が痛んでしまうと毛先が広がってしまい、クセが伸びた時に余計髪がまとまらなくなります)

によって実は左右されているんです。

縮毛をかける平均的な頻度

女性のお客様は3~4ヶ月、男性は少し早くて2~3ヶ月に1のペースで縮毛をかける方が多いです。ですが、先ほどご紹介した様に髪「質・クセの強さ」や「ヘアスタイル」などによって、クセが気になってくる期間は変わります。人によって気になってくる感覚も違いますしね!なので、クセが強い方は2ヶ月に1回高頻度でかけたりしますし、逆にクセがほとんどない方は1年に1度梅雨前にしかかけなかったりと、

「縮毛をかける適切な頻度はお客様ごとに変わってきます!」

なので、担当の美容師さんとお話ししながら自分に合った期間を決めていきましょう。計画的に一定のペースで縮毛すれば、綺麗なヘアスタイルを保つだけではなく髪の毛への余計なダメージを減らす事が出来ますよ(๑╹ω╹๑ )♪

という事で、髪型別に縮毛矯正の頻度について早速お話しさせていただきますね!是非参考に!

【髪の長さ・髪型別】縮毛頻度の目安

ショート、メンズ

ショートの方は髪が短い分クセがすぐに気になりやすいと思います。だからと言って、1、2ヶ月の高頻度で縮毛矯正をしてしまうと髪のダメージが酷くなってしまいます(;_;)なので、最低3ヶ月間は期間をあけて欲しい、、。気になっちゃうと思いますが髪の事を考えると是非我慢していただきたいです!

ボブ

ボブは髪のクセの強さで理想的な頻度が大きく変わってくる髪型です。クセが強い方はどうしても根元のクセが毛先に反映されやすく、すぐにハネる様になるので期間をそんなにあけず2ヶ月くらいですぐに縮毛をかける方も多いです。ただ、髪に極力ダメージを与えず、綺麗に保つとなると理想は3〜4ヶ月くらいが良いでしょう。クセがそんなに無い方でしたら、もっと期間を空けても大丈夫です!
このように頻度は大きく変わってきますので、美容師さんに髪の状態とクセをしっかり見てもらって、自分の髪に理想的な頻度を教えてもらいましょう

ミディアム〜ロング

髪の毛が長い方は髪の重さでクセが伸びてくれるので、縮毛の頻度は半年に一度、短くても4ヶ月くらいがおすすめです!また、髪の毛を切るときに軽くし過ぎると、クセが伸びたときに気になりやすいので、少しでも持ちを良くしたい方は少し重めのスタイルにしてあげるのがおすすめです(๑╹ω╹๑ )ただクセの強い方は髪が長くてもすぐに気になると思いますので、そういった場合は相談して計画的に縮毛しましょう。

前髪など部分縮毛の頻度は?

顔まわりや前髪だけなど部分的に縮毛をする方も結構多いです。縮毛する部分によって理想的な頻度は変化していきますが、前髪で最低3ヶ月は期間をあけるのがおすすめです。
また、部分縮毛でかける事が多い前髪、顔まわりは髪の毛が細く繊細です。特にダメージしやすい箇所になってますので縮毛をかける頻度は髪の状態を見つつ美容師さんと慎重に決めていきましょう。

【クセの強さ別】縮毛頻度の目安

クセの強さによっても縮毛をかけたくなるタイミングは変わってくると思います!だからと言って、気になったら不定期に縮毛をかけるという事を繰り返していると髪への負担が大きくなってしまいます( ;∀;)「自分はどのタイプのクセなのか?」チェックしてみてください!

3ヶ月に1回縮毛をかけたいクセ

根元から強くうねりが出たり、チリチリしているクセの強い方3ヶ月に1回定期的に縮毛をかけてあげましょう!そうすれば、クセが強い方でも綺麗なヘアスタイルを維持出来るかなと思います。また、縮毛の頻度が高いと必然的に髪の毛の負担が大きくなりやすいので、いつも同じ美容師さんに縮毛してもらう事が、綺麗に縮毛をするポイントです!そうすると、美容師さんがお客様の髪の状態をしっかり把握してくれているので、縮毛の成功に繋がります!

頻繁に縮毛をかけているほど、縮毛をかける時に髪のダメージをどれだけ抑えれるかが髪を綺麗に保つ上で大切です。是非、髪質改善やダメージレスな縮毛の得意な美容師さんにお願いしましょう!

6ヶ月に1回縮毛をかけたいクセ

うねりが約4センチ以上の大きいクセはだいたい6ヶ月に一回のペースの縮毛をしていきましょう!それだけで十分に髪の毛は落ち着くと思います。また、縮毛をかけようかなと考えている方の中で「髪が長く、そこまで髪の広がりが気にならない方」は、ハチ上・顔まわり・前髪だけの部分矯正もおすすめです(ω╹๑
)「膨らみが気になる。」「ボブなど髪の毛が短い。」そんな方はクセ部分を全体的に伸ばすのが良いかと思います。

縮毛を高頻度でかけなくても何とかなるんだけど、ちょっと気になるくらいの微妙なクセは髪質やヘアスタイルによって、縮毛矯正のやり方もかなり広がってきます。なので、美容師さんを探す時は技術力だけではなく、提案力の高い美容師さんを選ぶようにしましょう!

1年に1回だけ縮毛をかけたいクセ

うねりやクセはそこまで気にならないけど「梅雨時期に髪が広がるのが嫌」だったり「髪をサラサラに綺麗に見せたい」方は1年に1回くらいのペースで十分かなと思います。また、梅雨時期の髪の広がりの原因はダメージによって栄養不足になった髪が空気中の水分を吸ってしまう事で引き起こってしまう事もあります。つまり、日頃からアミノ酸シャンプーなどでちゃんと髪の中を栄養分で満たしてあげたり、ダメージしないようにヘアケアを頑張ると縮毛しなくても広がりが抑えられる場合もあるんです。そこで美容師さんを選ぶ時は

・縮毛やヘアケアの知識が豊富でしっかりと自分の髪にあった提案をしてくれる。そして、ヘアケアのやり方や良い商品を紹介してくれる。
・ダメージレスで自然な仕上がりに縮毛かける技術がある。

この2つを基準に美容師さんを探していきましょう!あまりクセのない方が縮毛をかける目的は「もっと綺麗な髪になりたいから」ですよね!だけど、縮毛はどんなに優しいお薬を使用しても髪に負担をかけてしまうメニューです。なので、ちゃんと髪の毛自体の事を考えてくれる美容師さんにお願いしましょう!

2ヶ月に1回縮毛するのは良くない!?

クセが強い方は頻繁に縮毛矯正をしたくなると思います。ですが髪へのダメージを考えると、もう少し期間を空けて縮毛していただきたいです。もちろん。マメに縮毛をするとクセが無く綺麗なヘアスタイルを維持する事が出来るのでメリットもあります!ですが、、髪のダメージが蓄積されるほど後々髪が広がってしまったり、結果的に扱いずらい髪になってしまいがち、、。エノアでもクセが強く2ヶ月に1回どうしても縮毛をしたいというお客様はいらっしゃいますが、「出来ることなら最低3ヶ月は期間をあけていただきたい」です!

縮毛で最低3ヶ月はあけたい理由

髪の毛は個人差がありますが、1ヶ月に約1センチほど伸びます。つまり、2ヶ月だと根元約2センチ分に縮毛をかけることになります。実際2センチ伸びていれば縮毛は出来ますが、髪の毛に負担がかかってしまうのでおすすめしていません。
なぜ負担がかかってしまうの?と言いますと、縮毛をするとき最初にお薬をクセの部分に塗っていきますよね。その際、縮毛を綺麗に伸ばしていくには、どうしても前回の縮毛部分にお薬が少しついてしまいます。

という事は。短い期間で縮毛をするほどピンクの部分が増えてしまい、髪の毛のダメージ部分が必然的に多くなるんですね。
また、ストレートアイロンの幅も2センチ以上の物がほとんどです。アイロン幅よりも伸ばす部分が狭いと、すでに縮毛をかけてある部分にまで熱を余計にあててしまうので、それもダメージの原因になってしまいます(;_;)一応、極細のアイロンなどで対応も出来ますが髪の事を考えるのであれば、短くても3ヶ月は空けてあげましょう!

縮毛の頻度が失敗に繋がる?!

縮毛の頻度が自分の髪質に合っていなかったり、気分のまま不定期にやると髪に余計なダメージを与えて、縮毛矯正が失敗しやすい髪の状態になってしまう事もあります。 直接的な原因になるとは言い切れませんが、健康な髪の毛を維持して縮毛の成功率をあげる為に「縮毛矯正の期間」はとても重要なポイントです。髪がダメージしてしまい縮毛失敗すると

・髪が広がる。
・最強にダメージすると髪がチリチリに。
・クセのうねりが残る。髪自体が縮毛した真っ直ぐな状態を保てなくなってしまう。

などなど残念な事ばかり起きてしまいます。是非、計画的に縮毛をかけるようにしていきましょう!

【縮毛矯正失敗したら】5つの失敗例と知ってほしい対処法!

こんにちは!髪質改善が得意な美容院ENORE(エノア)です!突然ですが縮毛されている方で 「クセが気に...

縮毛するならリタッチがおすすめ

縮毛矯正を行うときは、新しく伸びてきたくせ毛部分だけを縮毛する「リタッチ」という技術がおすすめです。

定期的に縮毛をしていくということは、髪の毛に負担がかかりやすくダメージの原因になります。また、縮毛してダメージしている髪の毛に縮毛をすると失敗の可能性も高くなってしまいます。ですがリタッチは今まで縮毛をかけていなかったクセ部分にだけ縮毛をかけるので、毛先への負担を極力無くす事が出来るんです。
なので、ほとんどの美容院で縮毛矯正2回目以降はリタッチを行ってくれると思います。たまに、「前に縮毛した毛先の部分が広がるから毛先も縮毛して欲しい」と希望される方もいらっしゃいますが、毛先が広がる原因のほとんどがダメージです。なので、その場合は縮毛ではなくサロントリートメントやヘアケア、髪質改善に取り組むと徐々に良くなっていきますよ!

縮毛矯正後にトリートメントするべき?〜理想のサラサラ艶髪になる為の基礎知識〜

こんにちは縮毛矯正が得意な美容院ENORE(エノア)です! 「くせ毛が気になるから縮毛矯正するけど、縮...

縮毛矯正の持ちをよくする3つのポイント

せっかくかけた縮毛矯正。クセがどんどん伸びるのは仕方ないとしても出来るだけ綺麗に保ちたいですよね!という事で、縮毛の持ちを良くしたい方にやって欲しい事を3つご紹介いたします!

①縮毛をする時は弱酸性縮毛矯正を選ぼう!

髪の毛のダメージを出来るだけ抑えて綺麗な状態を保ってあげると、縮毛の仕上がりが良くなるだけではなく、ダメージによる広がりを抑え毛先の状態が良くなります!そこで、髪のダメージを最小限に抑えつつ縮毛をかけられる「弱酸性縮毛矯正」がぴったりなんです( *`ω´)

じゃあ、弱酸性縮毛矯正って他の縮毛と何が違うの?と言いますと。

まず、今までの縮毛はお薬の成分を浸透させるために、髪の毛のキューティクルを開いていました。そうすると成分が髪の中にまで浸透して、髪を伸ばせる様になるのですが、、キューティクルを開いたと同時に髪の中の栄養分まで流れ出てしまっていたんです、、。そのため縮毛をするとクセは伸びるけど、髪の中はスカスカ、、。ダメージが大きく縮毛で痛むだけじゃなく、縮毛した部分はその後痛みやすい(キューティクルが開きやすい)状態になっていたんです、、。

ですが、弱酸性縮毛矯正は従来の縮毛とは大きく違い、髪の毛のキューティクルを開かずにお薬を浸透させる事が出来ます!そのため髪の中にある栄養の流出を最小限に抑え、髪の毛の中に栄養分を残してくれるんです!それが必然的に髪のダメージを抑えることに繋がるんですね!また、髪の性質に近い弱酸性なので、「縮毛した後もダメージしずらく時間が経った時に髪の状態がとても良い!」とお客様にも喜んでいただける縮毛なんです( ;∀;)!仕上がりも自然な艶とまとまりが手に入るので、縮毛のシャキーンとした仕上がりが苦手な方にもおすすめです。

↓エノアでは弱酸性の縮毛矯正を行なっています。なかなか取り扱っているサロンの少ない技術ですので、興味のある方はお気軽にご相談しに来て下さいね(๑╹ω╹๑ )

  


②少し重めなヘアスタイルがおすすめ

少し重めなヘアスタイルにしてあげたほうが、根元のクセが伸びてきてもまとまりが持続します!

「何でー?」かと言いますと

髪の毛が短いほど根元のクセが伸びてくると、毛先に影響が出てしまいハネやすくなります。つまり、毛量を減らしすぎたり、レイヤー(段差)をしっかりと入れるとその分短い髪の部分が多くなるので、根元が伸びてくるとクセが気になりやすくなってしまうんですね。デザイン性の高いヘアスタイルを目指すなら、レイヤーの入れ方や毛量の調整は必須ですが、やりすぎちゃうとお手入れが大変です。なので、持ちを良くしたい方はヘアスタイルを選ぶ時に少し重めなスタイルを選んでみてくださいね!わからなかったら美容師さんに聞いてみましょう!

↓こちらで「おすすめ縮毛矯正の髪型」を髪の長さ・年齢別にご紹介しています。気になる方はご覧ください

縮毛矯正の髪型はこれがおすすめ!髪の長さ、年齢別に徹底解説!

こんにちは!髪質改善と縮毛矯正が得意な美容院ENORE(エノア)です!くせ毛がお悩みの方の強い味方であ...

③お家でのヘアケアを意識しよう

せっかく美容院で綺麗に仕上げてもらっても、お家でのヘアケアを怠ってしまうと髪の毛は痛んで広がってしまい、せっかくの縮毛が台無しです(;_;)なので是非

・シャンプーにこだわる(例:アミノ酸シャンプーを選ぶ)
・髪を洗ったらすぐにしっかり乾かす。半乾きなままにしない

などヘアケアや髪質改善に取り組んでみてください!そうする事で一気に髪の毛が変わるわけではありませんが、徐々に「あっ。前よりも髪が綺麗に扱いやすくなってきたかも。」と実感する事が出来ます。縮毛で綺麗になった髪がさらに綺麗に見えるようにもなります(๑╹ω╹๑ )さらに知りたい方はこちらで詳しく紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね!

「髪質改善って本当?嘘?」見れば全てが分かります!!

こんにちは。髪質改善サロンのENORE(エノア)です。 美容院などでよく見かける「髪質改善」メニュー。 ...

美容師がおすすめするアミノ酸シャンプーの効果とは?市販と美容院専売品の選び方!

こんにちは!髪質改善が得意な美容院ENORE(エノア)です! 皆さま突然ここで質問ですが。いま注目され...

最後に

いかがでしたでしょうか?縮毛矯正をかける適切な期間はお客様の「髪質」「クセ」「髪型」「髪の状態」「本人の気になる度合い」などによって一人一人変わってきます。そして、縮毛をかけながら髪を綺麗に保つには、美容師さんと話し合いながら計画的に縮毛をしていくのが大切なんですね!なので、頼れる美容師さんを見つけて自分の髪にぴったりな縮毛矯正の期間を教えてもらいましょう!そして、綺麗な髪の毛を保っていただきたいな〜と思います(๑╹ω╹๑ )この記事が少しでもお困りだった方の為になれば嬉しいです^ ^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ENOREは開業してから10年間で3万5千人のお客様のお悩みを解決してきました!特に髪の毛を綺麗に保ちながら理想の髪型になれると口コミをいただいています!是非、髪の毛でお困りの方はご相談ください!

WEBからのご予約はこちら

こちらから簡単にご予約ができます!HPの初回クーポンが一番お得ですので、髪の毛にお困りの方は是非!ダメージレスな弱酸性メニューお試しください♪(行きたい店舗をクリック!!)

東京都渋谷区神宮前 3-11-7-B1F

東京都渋谷区神宮前4-17-8 オリエンタル原宿207号

千葉県柏市明原1-2-2