ENORE総合トップ>髪質改善と縮毛矯正の専門店 ENORE青山(エノア アオヤマ)>テクニック>縮毛矯正>縮毛矯正で失敗してこけしのようなボブに。こけしボブからの生還方法とこけしボブにならない方法をご紹介!

縮毛矯正で失敗してこけしのようなボブに。こけしボブからの生還方法とこけしボブにならない方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
縮毛矯正で失敗してこけしのようなボブに。こけしボブからの生還方法とこけしボブにならない方法をご紹介!


こんにちは!ENORE青山店、店長の沼崎です。

縮毛矯正をかけていてとボブにカットしたら失敗した、、

なんて経験をされた方はくせ毛の方で縮毛矯正をかけている方であれば少なくないかと思います。

縮毛矯正とボブの組み合わせでよくあるミスは、縮毛矯正がかかりすぎてこけしのようにぴーんとしたストレートになってしまうことです。

くせ毛のお悩みは解決できたとしても、ストレートになりすぎてしまい馴染みが悪くなり結局ロングヘアしか楽しむことができない。

縮毛矯正を頻繁にかける方はかなりの確率でこのループに陥っています。

縮毛矯正をかけていて尚且つボブにしたいという場合はそれに合わせた縮毛矯正の掛け方があり、カットの仕方があります。

本日はそんなこけしボブになってしまった方への生還方法とくせが気になっていて縮毛矯正をかけてボブにしたいという方の必見のブログになっています。

少しでもお悩みの方の参考になればと思います。

こけしボブになってしまう原因

こけしと表現したのは例えの1つなのですが、つまりはてっぺんから毛先にかけて丸みがなくぴーんとした状態をこけしの様な、、なんて言ったりします。

こんな状態ですね↓

こけしの様なボブになってしまう原因は3点挙げられます。

①かかりすぎた縮毛矯正

縮毛矯正というのは地毛のくせを伸ばす施術ですので、くせがストレートになっていなければ話になりません。

ですが、本来のくせの強さや髪質、髪の体力(ダメージ具合)よりも強めに設定した薬液を塗布してしまってはくせはストレートになるのですが骨格にあったストレートになることは難しくなります。

くせの強さや髪質、髪の体力(ダメージ具合)をしっかり踏まえて薬液を選定する事ができれば自然なストレートに近づきます。

縮毛矯正をしていくときはアイロンも使用していくのですが、アイロンを入れる際、頭の形に合わせてできていない場合あまり丸みがつかず過度なストレートになってしまう可能性があります

②骨格に合わせたカットはできていない

カットはストレートにあんまり関係ないんじゃ、、?と思う方もいらっしゃるかと思うのですが、実はカットもすごく重要な役割を担っています

ボブはカットラインが同じ高さに揃うシンプルなヘアスタイルです。

シンプルが故に奥が深く、難易度も高いヘアスタイルです。

くせがなく縮毛矯正をかけていない髪をカットするのも難しいですので、くせがあり縮毛矯正をかけている方をカットするのは難易度がさらに上がります。

頭の骨格、お顔の輪郭、矯正のかかり具合に合わせたカットラインの入れ方、毛先と内に入れるカット技法、丸みが出やすくなる梳きバサミの入れ方、を理解していなくては自然な丸みのあるストレートにならなくなります。

③髪の色が暗く前髪が重すぎる

こけしっぽく見えてしまう原因の一つに前髪のバランスがあります。

これに関しては縮毛矯正をかけてようがかけてまいがどちらにも共通して言えることなのですが、前髪の幅の奥行きを深く取りすぎてしまい、幅も輪郭にあってないくらい広くとってしまうと当然前髪が重く見えます。

これに加え、髪の色が黒系のダークトーンだった場合こけしっぽさが際立ってしまいます。

重い前髪や黒髪がダメと言っているわけではないのですが、毛先のカットラインが輪郭に合っていなかったりしていると黒髪がより重く見えてしまいます。

これら全てがクリアできると、くせ毛で縮毛矯正をかけてボブにしたとしても自然な丸みのあるボブを楽しむことができます。

逆に言うとこれらが一つでもかけてしまうとこけし感が出てしまうので縮毛矯正をかけながらボブにするのは美容師の腕次第で良くも悪くもなってしまうのです。

こけしボブになってしまった方の生還方法

毛先がぴーんとストレートになりすぎてしまっている場合、直せるか直せないかは髪の体力次第で変わってきます。

縮毛矯正というのは本来一度かけた部分は取れる事は基本的にないので、生え変わってからまた縮毛矯正をかけるとなると最低でも1年以上待たなくてはいけない可能性もあります。

かといって無理に一度まっすぐになってしまった髪をもう一度かけ直そうとすると髪が施術に耐えられなくなり傷んでしまう可能性があります。

ですので、一度、縮毛矯正をかけてぴーんとなってしまいその後、修正して丸みが出るようにかけ直せるかどうかは実際に髪の状態を把握してからの判断になりますので全員が一回の施術で治るというわけではありません。

ここで一例を紹介したいと思います。

他店さんで縮毛矯正を半年前に行い、矯正部分が中間毛先部分に残っていて縮毛矯正を卒業しようと思ったのですが、半年たって根本のくせが強く出てしまい結局アイロンを多く使ってしまっているので改めて全体的に掛け直したいとご相談を受けました。

中間から下に綺麗に矯正履歴が残っているのがわかりますね!

施術履歴は縮毛矯正を半年に一回のペースでここ何年か行っており、常に縮毛矯正がかかっている部分がある状態。カラーはしておらず、ストレートアイロンを毎日使っているという髪の状態。

縮毛矯正履歴がガッツリ残っているのが気になるところですが、矯正を半年に一回で抑えていた所とカラーを一切してなかったのが唯一の救いですね。。

根本のくせが強い健康毛の部分はしっかりかけていきます。

中間毛先に関しては慎重に薬液を調合しダメージならないギリギリラインでかけていきます。

薬液は全部で5種類使用しダメージ部分にはトリートメントで前処理も行います。


薬液の使い分けはお客様ごとに変わるので今回は5種類使いますが、次回以降は今日の施術履歴が綺麗に残っているはずなので使用する薬液はよりシンプルになっていきます。

初めてご来店されるお客様は他店さんの縮毛矯正がそのまま残っているので、一回で完璧な状態まで持っていくのは極めて困難になるので段階を踏んで髪を綺麗にしていく設定で施術を行います。

薬液の塗布はムラがないように、かつこの時点で薬液の粘度によりくせが真っ直ぐになるように、毛先が軽く湾曲しているイメージで塗布していきます。

毛先までかけているので中間処理剤を5種類使って痛まないようにケアします。

アイロンワークでも自然な丸みが出るように行っていきます。

仕上がりはこちら↓


なんとかダメージが過度に出ず、自然な仕上がりに落ち着き、こけしっぽさがなくなりました^^;

ですが、まだ毛先には前に縮毛矯正がしっかりと残っているので今後も定期的なトリートメントとホームケアは必須になります。

ダメージ具合や施術履歴によってはもっと回数を分けてここまでの状態に持っていく事もありますので、髪の体力に合わせて施術することが大切になります。

ハイダメージ毛対応縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメント→26000円


初めての縮毛矯正の場合はこけしボブになり辛い

縮毛矯正かけた事がない場合は髪の体力がしっかり残っているので(ブリーチ毛を除く)一回の施術で自然な仕上がりになりやすいです。

※酸性領域で行う縮毛矯正に限り。

詳しくはこちらのブログを参考に↓

痛まない縮毛矯正ってあるの?縮毛矯正の種類の違いとビビリ毛になってしまった髪への髪質改善方法

痛まない縮毛矯正ってあるの?縮毛矯正の種類の違いとビビリ毛になってしまった髪への髪質改善方法

こんにちは! 美容室ENORE(エノア)青山店店長の沼崎です!
・髪の広がりを抑えたい ・くせ毛を綺麗にまとめたい ・チリチリした髪をまっすぐにしたい ・艶のある髪質に変わりたい など、綺麗な髪質って憧れますよね!日本人のほとんどは多かれ少なかれそれぞれ生え癖や髪質に癖があると言います。 上手いこと自分の癖を利用してパーマ風にセットできたらなと思っても癖の具合も毎日違うし上手くいかないですよね。 そこで本日ご紹介させていただくのは癖毛の救世主、縮毛矯正についてです。 一言に縮毛矯正と言っても種類はたくさんあり、 縮毛矯正とストレートパーマや縮毛矯正とパーマを組み合わせたストカール、当店オリジナルで行なっているダメージケアに特化した弱酸性縮毛矯正など、いくつかあり何の施術をしたらいいか分からないという方に向けて縮毛矯正について解説していきたいと思います。 お客様の健康と命を守る為に今ENOREができる事↓
アルカリ性による髪へのダメージを極限までにカット、ENOREオリジナル弱酸性縮毛矯正で自然で絹の様な手触りナチュラルなストレートヘア再現、追求します 昔からくせ毛が気になっている。 うねりをどうにかしたい。 痛んで見えるのが嫌! うねりや広がり、そしてダメージによるパサつきがあると年齢が上に見えてしまう事もありますよね。 など、くせ毛をお悩みの方へENORE独自の弱酸性縮毛矯正がおすすめです。 くせ毛をお悩みの方は長年、縮毛矯正をかけ続けている方がほとんどかとかと思います。中には縮毛矯正をかけたのに全然ストレートになっていない、顔まわりの髪が痛んでチリチリになってしまったなどの経験がある方も少なくないのではないでしょうか。 ENORE沼崎がかける弱酸性縮毛矯正にはこんなメリットがあります。 ・ダメージを最小限に抑える事ができる ・優しい薬剤なので自然なストレートスタイルを楽しむ事ができる ・長く通い続ける事で髪質改善を叶える事ができる ・縮毛矯正独特のピーンとした硬い質感にならない ・カラーと同時に施術する事が可能 ・ツヤと潤いが髪に宿る ・今まで感じる事の出来なかった髪の質感になる ※一回の施術での仕上がりです。施術時間は約2時間半。 通常かけるアルカリ性の縮毛矯正より格段にダメージを抑えてかける事ができるのが1番のポイントです。 ダメージを抑えるからといってすぐに取れてしまうという事もなく、かけるペースは通常の縮毛矯正をかける間隔で問題ないです。癖の強さによって異なりますが約半年に一回のペースでかける事が多いです。
今までくせ毛でお悩みの方、今後も縮毛矯正をかけ続けていくとしたらENOREの弱酸性の薬剤を使っての施術をやっていかないとダメージが蓄積する一方になってしまいます。 是非この機会のお試しください! 新規でご来店のお客様は2つ以上のメニューをセットでご予約いただくと20%OFFでご案内させていただいております。
弱酸性縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメント(TRホームケア付き)22550円→19000円
お電話やラインで直接聞きたいことなどあればお気軽にご相談ください お電話の際は「沼崎のブログを見た!」とお伝えください! エノア青山店電話番号 ☎︎ 03−6447−0904 エノア青山店住所 〒 東京都渋谷区神宮前3-11-7 B1
縮毛矯正とストレートパーマの違い
この二つの施術の違いは薬剤の力だけでストレートヘアにするかアイロンを使用し、熱の力(アイロン)と薬剤の力の両方からのアプローチで施術していくかというところです。 熱の力(アイロン)を使う縮毛矯正は熱による負荷がかかる分当然ダメージがかかりやすいのですが、ウェーブ状の癖やいわゆる天然パーマの方にしっかりと癖を伸ばしたストレートヘアを提供する事ができます。 ストレートパーマの場合薬剤のみの力で癖を落ち着かせるので天パのような癖は伸ばし辛く癖の度合いによっては物足りなく感じる方もいらっしゃるかと思います。その代わりアイロンによるダメージが無いためより低ダメージで施術をする事が可能です。 この二つの施術を詳しくスポットを当てて見比べていきましょう。
縮毛矯正の特徴 癖をしっかり伸ばしつつ艶のある髪にしたかったら縮毛矯正がおすすめです。
使用する薬剤はストレートパーマと同じで1剤と2剤という2つの薬剤を使用していきます。縮毛矯正の場合、1剤をつけて放置後、一度流してストレートアイロンを通し2剤で固めていき施術終了という流れになります。
1剤をつけて放置している最中に髪の中は軟化といい髪内部の結合を切断している状態になっています。
その後にアイロンをする事で熱変性を起こしうねりやねじれをしっかりと伸ばしていきます。
そうしてから2剤をつけ、癖を伸ばした髪を定着させます。
アイロンを使用する事による髪への負担はあるのですが、癖をしっかりと伸ばす事ができ日々の髪のうねりなどのストレスがある方は縮毛矯正の方がおすすめです。
施術中アイロンで癖を伸ばす為、一度縮毛矯正をかけたところは癖が出てくることはなく根元部分の髪が伸びてきた所をリタッチをしてストレートスタイルを維持する事がベストでしょう。
ストレートパーマの特徴 上記でも解説した通り使用する薬剤は基本的には同じです。施術中にアイロンを使用しない為、施術時間が短く縮毛矯正に比べダメージを抑える事ができるのが特徴。
癖はそんなに無いが、広がりが気になる方や梅雨時期や夏場の湿気の時期だけ髪がまとまらないという方、過去にかけたパーマを落としたいという方はストレートパーマの方がおすすめです。
縮毛矯正ほどストレートにする事ができない為癖の状態を見ながらストレートパーマにするか縮毛矯正にするかの選定が重要になっていきます。
縮毛矯正ほどしっかりとしたストレートになるわけでは無いのでストレートヘアならではのペタッとし辛くふわっとしつつもまとまりのあるヘアースタイルを楽しむ事ができます。
持ちに関しては2ヶ月〜3ヶ月程すると少しずつ広がってくるので3ヶ月に1回くらいのペースでかけていくのがベストなタイミングです。
縮毛矯正とストレートパーマの違いまとめ 縮毛矯正 メリット ・癖をしっかり伸ばす事ができる ・一度かけた部分はずっとストレート ・艶が出て綺麗な髪質になる ・手入れが楽 デメリット ・しっかり癖を伸ばす為ペタッとしやすい ・施術時間が長い
ストレートパーマ メリット ・癖を伸ばしつつまとまりのある髪になる ・髪への負担が少ない ・ペタッとしたい ・施術時間が短い デメリット ・強い癖毛には不向き ・2〜3ヶ月で取れる
痛まない??ダメージを徹底的に抑えた弱酸性の薬剤で施術する縮毛矯正 上記では一般的な美容室で行われている縮毛矯正とストレートパーマについての特徴をご紹介させていただきました。 ただ縮毛矯正、ストレートパーマは髪内部の結合を一度切断させて施術をしていくのでダメージがかかってしまうのが難点。。 なぜダメージがかかってしまうのかというと、通常のサロンではアルカリ性という薬剤を使用している所にポイントがあります。 髪のダメージと密接な関係にあるPH(ペーハー)の解説からしていきます。 PHというのを一度は耳にした事のある方もいらっしゃるかと思いますが、日本語に訳すと「水素イオン濃度指数」と言います。 PHというのは水溶液の性質を表す単位です。長さを表す時にcmやmを使うように水溶液の性質を表す単位なのです。小学生や中学生の頃にリトマス紙の実験をしたのを覚えてる方も多いかと思います。 数字で表すと0〜14まで存在していて 7が中性、7より下が酸性、7より上がアルカリ性
と大まかに三段階に分かれます。 肌や食べ物にもPHというのは関係しており、肌や髪は弱酸性、数字で表すと4.5~5.5 食べ物や身近な物ではレモンは2、酢やクエン酸は2〜3、純水は7、海水は8 など表す事ができます。 ここで重要になってくるのが髪や肌は弱酸性だという事! 通常サロンで扱われているカラー剤、パーマ剤、縮毛矯正剤はアルカリ性に属す薬剤を使用しています。 PHの数字で表すと8〜12くらいが一番多く使われています。なんと海水と同じかそれ以上のPHで施術しているんです! これだけでも髪への負担になるのがなんとなく分かりますよね。。
ではなぜ、アルカリ性の薬剤が髪への負担になってしまうのか。 それは髪のキューティクルを開くかどうかに関わってきます。 キューティクルというのは髪の表面にあり髪内部の栄養成分を外に流出しないようにするための外壁のような役割を果たしています。 キューティクルは元々、弱酸性にある髪のPHをアルカリ性に移動させる際にキューティクルを開き薬剤を髪内部まで浸透させていきます。 そうする事により髪内部の栄養成分は外に流出してしまいダメージの原因になってしまうのと縮毛矯正の場合アイロンも通すので仕上がりが癖は伸びるが毛先がピンとした仕上がりになってしまうのです。 これだと癖毛に対するお悩みは解決できても日々の生活のし辛さは消えず新たなお悩みになり兼ねません。 ではどうすればこれら全てのお悩みを解決する事ができるのか、、、
そこで登場!!弱酸性縮毛矯正!!!
弱酸性という文字が入っている通りアルカリ性の薬剤は一切入っておりません。
では具体的にどうして弱酸性縮毛矯正の場合ダメージを抑える事ができるのか。 まずは、髪や肌と同じPHという事! 髪や肌と同じPHというのは弱酸性という事。弱酸性なのでアルカリ性では髪のキューティクルを開いて薬剤を浸透させていたのに対し、キューティクルを開かずに薬剤を浸透させる事ができます。 キューティクルを開かずに薬剤を浸透させる事ができると元々ある髪内部の栄養成分を外に流出させる事なく縮毛矯正の薬剤を髪内部に浸透させる事ができます。 なぜ、キューティクルを開かずに薬剤を浸透させる事が出来るのかというと弱酸性の薬剤の浸透力の強さにあります。 そもそもアルカリ性の薬剤が髪内部に浸透させる為にキューティクルを開かなくてはいけないかというとキューティクルの隙間に入って行く事ができないからです。 分かり易く説明させていただくとアルカリ性の薬剤は、ゴツゴツした岩のような形をしており通常だとキューティクルによる外壁により外に弾き出されます。この時にキューティクルを無理やりこじ開ける薬剤も同時に浸透させる事で髪内部に薬剤が浸透していくのです。 弱酸性の場合薬剤の繊維が細かくキューティクルの隙間をニュルニュル入っていくので無駄にキューティクルを開かずに薬剤を浸透させる事が出来ます。 それによりアイロンをかけたとしてもダメージがかかり辛く自然なストレートスタイルにする事が可能なのです! ではここで、弱酸性縮毛矯正のビフォーアフターを紹介していきたいと思います。 施術前はこちら↓
全体からなる大きなうねりと広がりカラーなどによる毛先のダメージが目立ちます。 梅雨時期にはアイロンをしても湿気でまとまらず、冬場は乾燥によりパサついてまとまらず、、、 一年を通してもうねりと広がりが収まっている期間が少く今回初めての弱酸性縮毛矯正に挑戦!! 仕上がりはこちら↓
全体に広がっていたうねり、広がりが抑えられ収まりの良いストレートスタイルになりました。 縮毛矯正で癖をしっかり伸ばしつつもダメージをケアし、毛先には自然な丸みのあるストレートスタイルになるのも弱酸性縮毛矯正の特徴の一つです。 弱酸性縮毛矯正集をご紹介していきます。 広がりとうねりが多く出ている捻転毛という強い癖もまとまりのある自然なストレートになります。 カラーと一緒に施術することも可能で、ダメージケアをしつつ艶が出るのも特徴です。
ショートの方でも自然でまるで地毛が直毛の方のようなストレートになります。
根元に出る強い癖も自然なストレートになります。
初めての方限定で20%オフでご案内させていただいております! 弱酸性縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメント(TRホームケア付き)22550円→19000円 ☎︎ 03−6447−0904
根元は弱酸性縮毛矯正、毛先は弱酸性デジタルパーマの複合メニュー。ストカールをご紹介!! ストレートスタイルだけだとどうしても飽きてしまいますよね。。 そんな方におすすめさせていただいているのが縮毛矯正とパーマを組み合わせたストカール ! 根元から中間部分までを縮毛矯正をかけて癖をしっかり伸ばしつつ、毛先にパーマをかけていきます。 パーマの雰囲気はワンカールのような緩いパーマからコテで巻いたような質感のあるパーマスタイルにする事も可能です。 ではこちらもビフォーアフターで見比べていきましょう 施術前はこちら↓ 元々すごく癖が強いという訳ではないのですが、全体的に広がりが気になってしまうのを収まり良くしたい。。 そして、毎日髪を巻くのでそれを少しでも楽に過ごせるようにしたい!という事で根元部分は弱酸性縮毛矯正、毛先は弱酸性デジタルパーマをしていきます。 仕上がりはこちら↓
根元から中間部分にかけての癖や広がりは収まりつつ、毛先にはふんわりと軽い質感の残るようなパーマがかかっています。 パーマ部分は徐々に緩くはなってきてしまうのですが、一度かけた縮毛矯正部分は髪が生え変わったり、過度なダメージがかからない限りずっとストレートスタイルを楽しむ事ができます。 パーマをかけたヘアスタイルのスタイリング方法はこちらのブログを参考にしてください→パーマヘアの乾かし方&セット方法 縮毛矯正を他店で1度施術をされている方もたくさんいらっしゃるかと思います。縮毛矯正がかかっている髪はパーマがかかり辛くダメージがかかりやすい施術になってしまう事があります。 詳しくはこちらのブログを参考に→縮毛矯正をかけた髪でもパーマをかける事が出来るのか??
弱酸性ストパーカール+カット 26400円→21120円
過度なダメージが原因でビビリ毛になってしまって方へ。ハイダメージ毛対応縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメントをご紹介! 過度なダメージが原因で毛先まで縮毛矯正をかけたいがかけられないと美容師さんに断られてしまった方もたくさんいらっしゃるかと思います。 僕自身過去に一度以上縮毛矯正をかけた事のある方は弱酸性の優しい髪への負担のかかり辛い薬剤とはいえ毛先までの縮毛矯正をお断りさせていただく事も多々あります。 髪のダメージを考えると根元部分の癖が伸びてきた所を中心に施術させていただく事が髪の為だったりします。 ですが、過去に毛先まで縮毛矯正をかけた事をお客様自身忘れてしまっていて別の美容室に行かれた際、毛先まで縮毛矯正をかけてしまい毛先がビビリ毛になってしまった。。。 ビビリ毛になってしまっては髪内部の結合がズタズタに切られてしまっていて修復するのが困難になってしまいます。 ビビリ毛というのはダメージが原因で髪がジリジリになってしまう事をさします。 ビビリ毛になってしまう原因はそれぞれでブリーチをした髪に縮毛矯正をかけたり、パーマと縮毛矯正を繰り返してしまったりヘアアイロンを使いすぎてしまったりと様々な理由があります。 では、ビビリ毛になってしまった髪はどうする事もできないのか? そんな事はございません!髪は皮膚などと違い血液が通っていないので一度かかってしまったダメージを直す事はできません。ですが、手触りや質感をよくする事は可能です。 では、ここでは一度ビビリ毛や髪質がガサガサ、ゴワゴワになってしまった髪に施術する特殊な縮毛矯正をご紹介させていただきます。
早速実際の髪で見ていきましょう。 青山店アシスタント赤石の髪でビビリ毛になってしまった髪をどれだけ改善させる事が出来るのか検証していきたいと思います。 施術前はこちら↓
毛先はブリーチを5回以上繰り返し行なっていて、毛先は枝毛や切れ毛、所々には
ビビリ毛になっているところもあります。 毎日ヘアアイロンを使用していてしっかり巻くのが好きな赤石さん。ヘアアイロンによるダメージも出ています。 こちらの髪のビビリ修繕をしていきたいと思います。
施術では先に軽めにシャンプーをします。濡れた状態でトリートメントを塗布していきます。
薬剤は無色透明、縮毛矯正剤に比べると水に近く液体に近い薬剤を使用していきます。 塗布後は髪に薄い水の膜が張ったようになっています。 この状態で15分〜20分ほど時間を置いていきます。
その後トリートメント剤を流し、中間処理のトリートメントをシャンプー台でつけていきます。 全体を乾かしてからストレートアイロンを通していきます。
その後もう一度シャンプー台で最後のトリートメントをつけて仕上がりです。 ブリーチを5回以上繰り返し、ダメージが究極にに痛んでしまっていた髪も指通りもよくなり艶が出ました。 ビフォーアフターで見比べてみるとより分かりやすいです。 工程ではストレートアイロンを通すことなど縮毛矯正とほとんど同じなのですが、使用している薬剤は髪の状態に合わせて針の穴を通すような微調整を行なっています。 こちらの施術でポイントになっているのは、熱と酸と高濃度アミノ酸のコントロール 髪は爪や皮膚と同じでケラチンというタンパク質からできています。 このタンパク質は18種類からなるアミノ酸からできています。 パーマや縮毛矯正では、このケラチンが関係しており主にアルカリ性の薬剤で髪内部のタンパク質のアミノ酸が分解され、キューティクルが開き栄養成分が外に流出してダメージの原因になってしまいます。 そこで、そのダメージを防ぐ為18種類全てのアミノ酸を配合したトリートメントで傷ついたタンパク質を再構築していきます。 それをアイロンの熱で髪内部に閉じ込めビビリ毛、枝毛、切れ毛を収まり良くしていきます。 これにより艶が出て綺麗になったのですが、ここで重要なのは髪自体は直った訳ではないという事! 日々のシャンプーでトリートメントが取れていき約2ヶ月ほどでパサついた状態に戻っていきます。 そこで重要になってくるのが家でも使えるシャンプーとトリートメント。 僕がおすすめしているのがこちら エノアオリジナル縮毛矯正毛専用【フォルムシャンプー】【フォルムトリートメント】 フォルムシャンプー このシャンプーは頭皮や毛髪と同じ弱酸性です。「プロテインとアミノ酸で髪を洗う」をコンセプトにアミノ酸洗浄剤を使用し、毛髪の保護、補習をしてくれるシャンプーです。頭皮の汚れをしっかり落としながら、ふけ、痒みを抑えしっとりしなやかで指通りの良いサラサラで艶のある状態へ導きます。 フォルムトリートメント ダメージを受けた髪に対し絡みの無いしなやかな状態にし、髪に必要なプロテインの働きにより指通りの良い艶のある状態に仕上げる事ができます。 これらのシャンプーとトリートメントとハイダメージ毛対応縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメントを組み合わせる事でダメージ毛を格段によくする事が可能になります。 髪のダメージというのは本当に女性の大敵。パサついて見えてしまったりしたらもったいないです。 一度受けてしまったダメージは直す事はできないですが、今後のために予防する事と髪の手触りや質感をよく見せる事は可能です。 毎日のケアを見直し、せっかく髪質改善した髪をもったいない事にしないように家で使えるシャンプーとトリートメントでケアしていくことが大切です。 切って痛んでるところを無くしてしまう前にハイダメージ毛対応縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメントを試していただくのも良いと思います。 ハイダメージ毛対応縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメント(TRホームケア付き)26000円 Q&A Q .ブリーチをしている髪でも縮毛矯正をかける事はできますか? A .基本的にはNG。縮毛矯正は髪の内部の結合を操作しくせをまっすぐにしていくのですが、ブリーチをしてしまっていると色素と一緒に元々ある髪内部の結合まで一緒に抜いてしまうので縮毛矯正をかけられる余力が髪に残ってない事が多いです。もちろん髪質によってやブリーチの回数によっても異なりますし、何より縮毛矯正のかけ方でもかなり変わってきます。弱酸性縮毛矯正の場合、用事調整タイプの薬剤ですので髪質、くせの強さ、ダメージによって薬剤を部位ごとにも変える事が出来かけられる可能性もございますのでお気軽にご相談ください! Q .縮毛矯正はどんな長さでもかけらることはできるんですか? A .はい。どんな長さにも対応可能です。ロング、セミロングの方はボリュームをしっかり落とし、ミディアムの方は自然なストレート、ショートに方は自然な丸みが出るようにと長さによって縮毛矯正のかけ方も変えていきますのでお客様に合わせてオーダーメイドの縮毛矯正を提供させていただいております。 Q .縮毛矯正って美容室、美容師によっても仕上がりが変わりますか? A .縮毛矯正は美容室で行われる施術の中でもNO1の難易度があると言われています。髪質、くせ、ダメージに合わせた薬液の選定をするのはもちろんなのですが塗布幅、塗布量、放置時間など針の穴を通すような緻密なコントロールが必要になってきます。薬液の種類も美容室によって変わりますので、仕上がりの影響は美容室、美容師によって出てきてしまうでしょう。 最後に。 今回は縮毛矯正とストレートパーマの違いから弱酸性縮毛矯正について。 縮毛矯正とストレートパーマの違いは施術中アイロンを使うか使わないかによるものです。 メリットデメリットもご紹介させていただきましたのであなたに一番合う方法で施術してみてください! 縮毛矯正とパーマを組み合わせたストカール。 ハイダメージ毛の方におすすめの【ハイダメージ毛対応縮毛矯正+架橋式髪質改善トリートメント】をご紹介させていただきました。 綺麗な髪は女性は誰でも憧れます。人の第一印象を見る時、髪を最初に見るという方もたくさんいらっしゃるくらいです。 ですが、何も知らないままでしたら髪の状態や悩みがよくなる事はありません。 まずは自分にあった施術はなんなのかを知り、より髪への負担をかけず綺麗で艶のある髪を僕と一緒に目指していき少しでもお悩みを解決できるように担当させていただきます。 ご相談だけでも大丈夫です!これからの為に少しでも髪の状態がよくなるように全身全霊をかけ提案させていただきます!! 長々と最後までありがとうございました! インスタグラムで#縮毛矯正の疑問#髪質改善 など更新中!! 毎日更新しておりますので是非参考にしてみてください! エノア青山店 沼崎裕樹 ☎︎ 03−6447−0904 ご相談、事前カウンセリングはこちらから↓


縮毛矯正はどこのサロンさんでもかなり負担が多きくなりやすいのが特徴の施術です。

ですので、先ほどもご説明させていただいた通り矯正部分がしっかりと残っていると段階を分けて施術し、しっかりとダメージケアも同時にしないといけません。

ですが、縮毛矯正部分が一切ないとなるとシンプルな掛け方でも自然な丸みが出てくれます。

こちらも写真で紹介させていただきながら見ていきましょう。

施術前の状態↓


縮毛矯正は2年ぶり、バッサリカットするので矯正部分はなくなります。

カラーを2か月に一回のペースで毎回毛先まで染めてなく基本リタッチで2,3回に一回のペースで毛先までカラーをしています。

普段から過度にアイロンも使っていないとのことなので、バッサリカットし毛先まで自然になる様に縮毛矯正をかけていきます。

仕上がりはこちら↓


仕上がりの状態はもちろんアイロンは使っていません。

乾かすだけで自然なボブになりました。

カラーはダークトーンですがこけし感はないと思います!

施術履歴が複雑でなければ一回の施術でここまで綺麗になります。

ホームケアは髪質に合うのを使うのに越したことはないのですが、この状態であればトリートメントを高頻度で行う必要もないですし縮毛矯正も半年に一回のペースで問題ないです。

初めての方は

弱酸性縮毛矯正+カット→24200円→19360円

まとめ

こけしボブになってしまう原因、こけしボブになった時の生還方法、初めて縮毛矯正をかける方でこけしボブにならない方法をご紹介させていただきました。

僕が担当させていただくお客様で縮毛矯正をかけながらボブにする方はかなりたくさんいらっしゃいます。

そんな中でこけしの様になっている方は一人もいません。

重要なのは縮毛矯正の掛け方とカットの仕方、一回の施術で完璧な状態を求めるのではなく少しずついい状態を積み重ねていく事が何より大切です。

一度傷んでしまった髪や一度縮毛矯正をかけた髪が元に戻ることはありません。

今日ご紹介したどれかのパターンには当てはまると思いますので、ボブにしたい、または既にボブだが自然にしたい、という方はご相談ください!

⚠︎お客様の安心、安全の為施術中にお付け頂くマスクの替えをご用意しております

事前に相談したい方はこちらからお気軽にご相談ください!

友だち追加


お電話で直接お問い合わせも大丈夫です!

☎︎ 03−6447−0904


ENORE青山店 店長 沼崎裕樹


沼崎 裕樹

沼崎 裕樹

Written by:

得意な技術は縮毛矯正をメインとした髪質改善。絹の様な質感のあるストレートスタイルになる為に髪へのダメージを最小限に抑え施術し、過去のダメージを改善しつつまとまりやすいヘアスタイルを提供いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沼崎 裕樹は、こんな記事も書いています。

  • 襟足のうねりが気になる方必見!!ショートで収まる縮毛矯正とカット

    襟足のうねりが気になる方必見!!ショートで収まる縮毛矯正とカット

  • 縮毛矯正で失敗してこけしのようなボブに。こけしボブからの生還方法とこけしボブにならない方法をご紹介!

    縮毛矯正で失敗してこけしのようなボブに。こけしボブからの生還方法とこけしボブにならない方法をご紹介!

  • 縮毛矯正をかける時はトリートメントも一緒にやった方がいいの??トリートメントの重要性を解説させていただきます!

    縮毛矯正をかける時はトリートメントも一緒にやった方がいいの??トリートメントの重要性を解説させていただきます!

  • 髪質改善とは??髪質改善で綺麗なストレートになるの??髪質改善の本質を徹底解説!!

    髪質改善とは??髪質改善で綺麗なストレートになるの??髪質改善の本質を徹底解説!!

  • ダメージの極限、ビビり毛!直せるビビり直せないビビり,症例と共にご紹介!

    ダメージの極限、ビビり毛!直せるビビり直せないビビり,症例と共にご紹介!

  • ハイダメージ毛に行うダメージに合わせた縮毛矯正ご紹介

    ハイダメージ毛に行うダメージに合わせた縮毛矯正ご紹介

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    【2021夏トレンド】大人気流行ブルージュ、ネイビー(青髪)!!ブルー系ヘアカラーで赤みを消して透明感を出そう!

    【2021夏トレンド】大人気流行ブルージュ、ネイビー(青髪)!!ブルー系ヘアカラーで赤みを消して透明感を出そう!

    394923

    2021/06/22
  2. 2

    【2021春夏も流行注目!ブリーチなし】暗髪7トーン以下でつくる透明感抜群アッシュカラー特集!!

    【2021春夏も流行注目!ブリーチなし】暗髪7トーン以下でつくる透明感抜群アッシュカラー特集!!

    215824

    2021/06/22
  3. 3

    ビビリ毛になってしまう3つの原因と修繕方法

    ビビリ毛になってしまう3つの原因と修繕方法

    106434

    2021/05/20
  4. 4

    【2021も流行大注目!!】トレンドカラー「赤」を使ったトレンドヘアカラーで最先端のお洒落さんへ

    【2021も流行大注目!!】トレンドカラー「赤」を使ったトレンドヘアカラーで最先端のお洒落さんへ

    66016

    2021/06/22
  5. 5

    2021も絶賛流行予測!!ボブにインナーカラーは間違いなくかわいい!!

    2021も絶賛流行予測!!ボブにインナーカラーは間違いなくかわいい!!

    51365

    2021/06/22
  1. 1

    【髪質改善】話題の酸熱トリートメントとカラーの相性を解説

    【髪質改善】話題の酸熱トリートメントとカラーの相性を解説

    2632

    2021/10/21
  2. 2

    【新事実】話題の酸熱トリートメントの秘密!?くせ毛に悩むメンズさんへ徹底解説

    【新事実】話題の酸熱トリートメントの秘密!?くせ毛に悩むメンズさんへ徹底解説

    1321

    2021/10/21
  3. 3

    メンズ縮毛矯正でつくるモテマッシュになる物語

    メンズ縮毛矯正でつくるモテマッシュになる物語

    12

    2021/10/21
  4. 4

    【モテたい男子必見】黒髪マッシュでつくるお洒落なメンズスタイル特集!!

    【モテたい男子必見】黒髪マッシュでつくるお洒落なメンズスタイル特集!!

    22776

    2021/10/15
  5. 5

    【自然すぎる縮毛矯正!?メンズ縮毛矯正の新時代!!】くせ毛に悩むメンズの失敗しない痛まない縮毛矯正!!!

    【自然すぎる縮毛矯正!?メンズ縮毛矯正の新時代!!】くせ毛に悩むメンズの失敗しない痛まない縮毛矯正!!!

    28319

    2021/10/15
  1. 1

    【髪質改善】話題の酸熱トリートメントとカラーの相性を解説

    【髪質改善】話題の酸熱トリートメントとカラーの相性を解説

    2632

    2021/10/21
  2. 2

    メンズ縮毛矯正でつくるモテマッシュになる物語

    メンズ縮毛矯正でつくるモテマッシュになる物語

    12

    2021/10/21
  3. 3

    【自然すぎる縮毛矯正!?メンズ縮毛矯正の新時代!!】くせ毛に悩むメンズの失敗しない痛まない縮毛矯正!!!

    【自然すぎる縮毛矯正!?メンズ縮毛矯正の新時代!!】くせ毛に悩むメンズの失敗しない痛まない縮毛矯正!!!

    28319

    2021/10/15
  4. 4

    ハイトーンメンズさん必見!ブリーチ毛にもできる縮毛矯正!?

    ハイトーンメンズさん必見!ブリーチ毛にもできる縮毛矯正!?

    1548

    2021/10/15
  5. 5

    カッパにならない自然なメンズ縮毛矯正があります!!

    カッパにならない自然なメンズ縮毛矯正があります!!

    3535

    2021/10/15

カテゴリー

"