「デジタルパーマって普通のパーマと何が違うの?」プロが徹底解説!!

2017/06/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
「デジタルパーマって普通のパーマと何が違うの?」プロが徹底解説!!

すっかり定番メニューとしてお馴染みになったデジタルパーマ


だけど、、、


「普通のパーマと何が違うのか分からない、、、。」

「やっぱりやるからにはパーマをかけて綺麗に可愛くなりたい!」

「だけど失敗しても怖いし、、、。」


予約を取るときにどっちを選べばいいのか迷ってしまうことが多いのではないでしょうか??


実は!!!!

デジタルパーマと普通のパーマはそれぞれが得意としているスタイル・髪質は違う!!!!
そこでこの2つの違いについて詳しくご紹介いたしますね!!



目次(気になるところをクリックすると簡単に移動出来ます!)


デジタルパーマと普通のパーマの違い


まずは具体的にデジタルパーマと普通のパーマの違いについてご紹介!

比べてみることで自分にぴったりなパーマが見えてくるはず!!


技術の違い


【デジタルパーマ】


デジタルパーマ

薬剤と熱の力をかりてカールを形成するパーマのこと。

デジタルパーマ専用の機械を使い、ロッド一本一本に熱を加えていきます


(*ロッド→髪の毛を巻きつけカールの形を作っていく、円柱状の道具)


【普通のパーマ】



美容室ではお馴染みのパーマです。

かかりづらい髪質の時以外は基本的に温めたりする事なく、薬剤力のみで髪の毛にカールをつけていきます。

また、もし温める場合も頭全体を温めていくため、デジタルパーマのようにロッド一本一本に直接熱を加えていくことはありません。


多くのお店では薬剤自体に違いはなく、お薬を浸透させている間に「ロッドを一つ一つ温めているのかどうか?」の違いになります。しかし、au-beのように弱酸性のお薬を使用していますと、お客様の求める質感や髪の状態に合わせてお薬を調合する必要があり、デジタルパーマか?普通のパーマか?によっても調合はさらに変わってきます。

なので、お店によっては、温めるか温めないのかだけじゃなく薬剤にも違いがあるとも言えます!!


質感・仕上がりの違い

技術的にはそんなに大きな違いはありませんが、仕上がりの質感や得意なスタイルは実は全く違うんです!!


【デジタルパーマ】



立体的で弾むような質感!

乾いたときに一番カールが出るため、巻き髪のようなスタイルが得意でセットもしやすいんです!

また、従来の薬剤ですと少し硬めの質感になるのが弱点でしたが、それも薬剤の進化によって改善されてきています。


弱酸性の登場により柔らかなカールも表現可能に!

弱酸性の薬剤が開発されたことで、今までデジタルパーマが苦手としていたふんわりと柔らかい質感のカールを表現出来るようになりました!!ダメージも最小限に出来るので、今とても注目されています。


基本的にデジタルパーマは大きくふんわりとしたカールを作ることが得意!なので、髪の毛が短い方よりもボブからロングヘアの女性にオススメです。様々な薬剤が開発され、仕上がりや質感の多様性もどんどん高くなっているので今後、今以上にデジタルパーマは普及していきそうです!


【普通のパーマ】


つや感と束感のある細くて繊細な質感

普通のパーマは細かいウェーブやカールを出すのが得意

また、根元だけ立ち上がるような部分的なパーマも綺麗に出すことが出来ます。


乾かし方次第でいろんな表情を楽しめる!!

乾かし方次第でカールの出方を調整できます!!

しっかりと伸ばしながら乾かすとくせ毛っぽく、半乾きでムースを揉み込むとしっかりとしたカールが出ます。


普通のパーマはデザイン性を重視するメンズのスタイルや、女性でもショート・ソバージュのような細かいカールを出したい方にオススメです!


それぞれのメリット・デメリット

では!次はメリットデメリットについて比較してみましょう。

「どのパーマにするべきか??」

迷っていらっしゃる方は今後パーマを続けていく上で重要なポイント!是非ご参考に!!


デジタルパーマ


【メリット】

・スタイリングが楽になる!!

・今までパーマがかかりづらかった人もパーマがかかりやすい!!

・ストパーカール(根元→縮毛、毛先→デジタルパーマ)が出来る!

・パーマの持ちが良い!!!


「スタイリングが楽になる!!」

今までのパーマは濡れた状態の時カールが出るのに、乾かすとカールが緩くなった。そんな経験があるかと思います、、。

しかし、デジタルパーマは熱を加えて髪の毛が乾いたときに近い状態で(完全に乾燥はしていません)固めるお薬をつけていくため、お家で乾かしたときにカールが出やすい!!なので、そのあとのスタイリングが楽に出来るんですね!!


「今までパーマがかかりづらかった人もパーマがかかりやすい!!」

お薬と熱の力を借りる事で、今までパーマがかからなかった方も綺麗にかかる可能性が高くなります。ただ、それでも稀にかかりづらい方もいらっしゃいますので、、(筆者もそうです)

もし、初めてのサロンに行くときは特に担当の方にお伝えして(かかりにくい事を伝えてもらうでけでも参考になります!)どうやったらかかるのかを考えアプローチしてもらいましょう!


「ストパーカール(根元→縮毛、毛先→デジタルパーマ)が出来る!」

髪の毛のダメージや髪質を判断してからになりますが、デジタルパーマは熱処理を行うので縮毛矯正をかけた上にカールをつけることが可能です!

ただ、優しい薬剤を使用しても髪の毛にとっては負担がかかりやすい施術になりますので、美容師さんの意見をしっかりと聞いた上で、やるかやらないかを決めることをオススメします!


「パーマの持ちが良い!!!」

熱の力も使っているため、形状記憶力が強く長持ちしやすいです。

コールドパーマと比較するとおおよそ1.5〜2倍持ちがいいと言われています。

お客様の髪質や状態、使用する薬剤、美容師の技術によって持続期間は変わってきますが、完全に取れるのに1年かかる方もいらっしゃいます。

少しでも保たせたい!そんな方はホームケアを頑張っていただくと髪の毛のダメージを抑える事が出来、持ちが良くなります!!

この後ケアについてもご紹介させていただきますので、ぜひ実践してみてください!!



【デメリット】

・細かいウェーブをかけることが出来ない

・カールの形状記憶が強い!

・デジタルパーマを落としたいときは縮毛矯正が必要



「細かいウェーブをかけることが出来ない」

ショートの方やソバージュの様に細かいカールを出すことは出来ません

そういったスタイルが希望の方は、コールドパーマに挑戦してみましょう!


「カールの形状記憶が強い!」

デジパーならではの良いところではあるのですが、、、、

乾いた状態でもしっかりとカールが出やすいぶん、色んな質感にスタイリングしづらい!!

普段ストレートスタイルやカールスタイルどちらも楽しみたい方にとってはマイナスかもしれません、、、


「デジタルパーマを落としたいときは縮毛矯正が必要」

デジタルパーマは熱処理がされているので、ストレートパーマだとカールを落とすことが出来ません。「パーマを落としたいなー。」という方は縮毛矯正を選んでしっかりと伸ばしていく事になります!


デジタルパーマは普通のパーマよりも「ロッドに熱を加える」工程が多い分、髪質を見て熱とお薬の力を計算するのが複雑になってきます!つまり、美容師さんの力量が大きく仕上がりに影響を与えるんです。また熱を使うぶん、計算を間違えると髪の毛にダメージを与えてしまう可能性もありますので、少しお金をかけてでも信頼の出来るサロンでやってもらうのが一番です!


パーマ


【メリット】

・細かいウェーブがかけられる!

・スタイリングの方法によってはカールの出し方を調整できる!

・他のパーマよりもお値段と施術時間が良心的!


「細かいウェーブがかけられる!」

先ほど違いでもご紹介したように、普通のパーマはメンズのように短い髪や細かいウェーブ、部分パーマなど、繊細なカールを出す事が出来ます


「スタイリングの方法によってはカールの出し方を調整できる!」

濡れている時に一番カールが出やすく乾くとカールが緩くなるので、乾かし方や、どのくらい濡れた状態の時にワックスをつけるかの調整で緩く若干癖があるようなスタイルから、しっかりとカールを出したスタイルまで幅広くヘアデザインを楽しむ事が出来ます!!!


「他のパーマよりもお値段と施術時間が良心的!」

一番シンプルな施術のため、お時間がかからず料金もお安くすみます!


【デメリット】

・乾かすとカールがダレる為乾かすときはコツが必要

・ カールの持ちが悪い


「乾かすとカールがダレる為乾かすときはコツが必要」

先ほどメリットでもご紹介させていただいたように、乾かし方次第で大きくカール感が左右されます!!!その分、乾かすコツを掴まないと思っていたようにスタイリングが出来なかったりするんですね。

美容師さん側も出来るだけスタイリングしやすくなるように施術・乾かし方をアドバイスしますが、実際なかなか上手く出来なかったり、コツを掴むのが大変、、。それに短い髪の毛でしたらまだやりやすいですが、髪が長くなるほどカールがダレやすいので要注意です!


「カールの持ちが悪い」

薬剤以外の力を借りる事なくカールをかけていくのでカールがダレたり、緩くなるのが他のパーマに比べると早いです。

落ちるのが早いということは、美容室に行く回数も増えますし、何回もかけると髪の毛への負担が大きくなりますよね。髪の毛の短いメンズの方はマメに長さを切っていくのでそれほど気にはならないかもですが、、、長さのある方でどうしても普通のパーマをかけたい!そんな方は美容師さんに相談して決めていきましょう!!!


デジタルパーマと普通のパーマどちらがお勧め?


なりたいヘア、髪の毛の長さ、お客様の希望によってオススメのパーマは変わってきます。

美容室に行って、担当の方と相談して決める事が一番良いですが、まずは1つの予備知識としてご覧ください!!!


ショートで毛先を遊ばせるスタイルにしたい方



髪の毛をランダムにくしゃっとさせたい!束感を作りたい!髪の毛の長さは長くない!

そんな方は「普通のパーマ」がオススメです!!

細かい動きや、束感のあるカールはぴったり!!セットも決まりやすいです。


ふんわりとしたワンカールやウェーブを出したい方



髪の毛が長かったりショートボブでも、自然なワンカールやウェーブを求めている方には

断然「デジタルパーマがオススメです!!

特に最近はカジュアルで抜け感のあるスタイルが流行ってますので

今までやったことのない方には是非チャレンジしていただきたいです!


パーマがかかりにくい方や出来るだけパーマを保たせたい方


「 今までパーマがかかりづらくてすぐ落ちちゃった。」

もしくは、

「出来るだけパーマを待たせたいんだ!」

そんな方は「デジタルパーマ」がオススメです。

熱の力も使っていくので、形状記憶力が高い!今まで悩んでた方はお試しいただきたいです。

ただ、短い髪の毛の方はデジタルパーマをすると火傷の危険性もあるので、

普通のパーマを巻きつつ全体を軽く加温機などで温めたりして対応する形が多いです!

いずれにしても、担当の方に相談してベストな施術を判断してもらいましょう!!


メンズで髪の長さが肩につかない方


特別髪の毛が長くないのでしたら、普通のパーマがオススメです!

ワックスをしっかりつけてセットされる事が多いと思いますし、

やはりメンズの方は束感があって毛先を細かく遊ばせるスタイルがお好きな方が多いです!

髪の長い女性のようなふんわりパーマにしてみたい!!などなければ、普通のパーマをかけてヘアセットで毎日髪を遊ばせましょう!!


乾かし方とお手入れ方法


パーマは乾かし方とお手入れがとっても大切!!コツとポイントをつかむことで簡単にとっても綺麗にセット出来ます!さらに、仕上がりだけではなくパーマ自体のもちも良くなるんですね。せっかくかけたパーマが台無しにならないように、こちらでお手入れと乾かし方のコツをご紹介いたしますので、デジタルパーマと普通のパーマそれぞれの特徴を活かしながら実際に乾かしてみましょう!


夜・寝る前と普段のお手入れ方法

お手入れを怠ってしまうと髪の毛がダメージしてしまうだけではなく、パーマのもちも悪くなってしまいます。
上手にスタイリングできるようになっても、カールが取れてしまうと意味がないですよね、、。
そうならないためにも、髪の毛のお手入れに力を入れていきましょう!

そこで、注意していただきたいポイントを2つご紹介いたします!


1、髪の毛は夜洗った後すぐに乾かしていますか?

2、普段、優しく髪の毛を扱っていますか?


【髪の毛は夜洗った後すぐに乾かしていますか?】



夜お風呂から上がった後、、、

すぐに洗い流さないトリートメントをつけて乾かしていますか?

何十分と放置してほとんど乾いてからドライヤーを使ったり、最早乾かさないって方もいらっしゃるのでは??
もし、、心当たりのある方はやめましょう!!


実は乾いているときよりも、髪の毛は濡れている時に断然ダメージしやすい!!濡れた髪の毛を放置してしまうと

濡れた状態の髪の毛で寝てしまって枕との摩擦で傷む。

長時間放置してから乾かしたため、髪の毛の表面(キューティクル)が荒れてしまって、枝毛に繋がってしまう、、、。

このような問題が起きてしまいます。

ですので、「夜お風呂から上がったらすぐに乾かす!!!」ということを徹底してみてください。
また、しっかりと洗い流さないトリートメントをつけるとドライヤーの熱やその後の髪の毛の絡みやダメージを抑えてくれますので、乾かす前にぜひ使ってみてください。


【普段、優しく髪の毛を扱っていますか?】


意外に気にされていない方多いのが、、、、、。

「普段の髪の毛の扱い方!!!!!」

こちら、見落としがちですが、、、本当に気をつけていただきたいんです!

例えば、、、

結んだゴムを外すとき無理矢理引っ張っていないか?」

とてもきつく髪の毛を結んでないですか?」

髪の毛を櫛でとかす時に根本からガシガシといてないですか?」

(毛先から徐々に優しくほぐしていきましょう!もちを良くするためにも髪の毛はくしなどで解いていかない方がいいです!)


などなど、、特に1つ目と2つ目は髪の毛を縛ってる方に多いあるある習慣。

すごくギッチギチに結んだゴムを一気に引っ張って取ってしまうとゴムの当たっている部分に大きな摩擦が生まれ、切れ毛の原因に!!!!いつも結んでいらっしゃる方がご来店された時に、表面の横一列だけダメージの線がバァーーーーーーッと付いているのを見るのは結構あるんです、、。

ですので、まずは自分がやりやすいことから髪の毛の扱い方を見直していくのが良いですね!!


乾かし方のコツ

パーマの乾かし方は普通に乾かす時とは違ってコツが必要!
綺麗に乾かしていくためのポイントを2つご紹介いたします!!


①強風と弱風、温風と冷風を上手く使い分けましょう!!

ドライヤーに機能として付いていてもなかなか使い分けが出来ている方は少ないのではないでしょうか?実は風を上手く使い分けてあげると、パーマがとっても乾かしやすくなるんです!


【強風】
強風は乾かし始めにしっかりと活用していただきたいです!根元をしっかりとこすりながら、髪の毛全体に風を送り込むことで乾かすスピードが格段に早くなります!

【弱風】
髪の毛が8割くらい乾いて毛先のパーマを乾かす時に使っていきましょう!慣れている方は強風でも問題ないということもありますが、風が強すぎてカールが飛んでしまうので弱風の方が安心です。

【温風】
乾かす時はほぼ温風を使うことになると思います!冷風よりも乾くのが断然早いですしね!!ただ、しっかりと乾き辛いところ(根元、襟足、後頭部)から乾かしていかないと毛先を乾かしすぎてしまうことがあるので、注意していきましょう!

【冷風】
冷風は最後の仕上げとして使っていきましょう!髪の毛の性質上カールは冷えた時に形が固定されます。ですので、乾かしがほぼ終わった時に毛先のカールを持ち上げながら、冷風をあてます。そうすると弾力が出て、もちも良くなります!


②洗い流さないトリートメントは必須!

先ほども軽くご紹介させていただきましたが乾かす前につけることで髪の毛の表面に薄い油の膜を作ってくれるので、髪の毛をドライヤーの熱から守ってくれるんです!また、乾かしすぎによる乾燥も防いでくれるので、洗い流さないトリートメントはかなり重要なんですね!


デジタルパーマの乾かし方【手順と実践動画】

デジタルパーマは乾いた時にカールが出やすいのが特徴
スタイリングもしやすいので、ポイントさえ掴めばとっても楽に乾かせます!!!


【しっかりとカールを出したい時】


髪の毛を濡らし、毛先に軽くトリートメントをつける
→毛先に洗い流さないトリートメントをつけることで熱から髪の毛を守り、髪の毛の艶やまとまりもUPします

8割くらい乾くまで、頭皮を軽く擦りながら根元を中心に全体を乾かしていく
→この時、ドライヤーは上から下に向かってあてていく。風は髪に対して上斜め45°に当てるのがベスト!

ドライヤーの当て方は同じまま、2つに分けて外側からうちに向かってクルクルと螺旋状に巻いて手のひらの上に納め風をあてる。これを繰り返す。
*特にカールを強く出したいときは、乾いたらすぐに冷風に切り替え冷やす

仕上げのトリートメントやワックスを使いながら、揉みほぐしていく。



【柔らかくラフな質感にしたい】

髪の毛を濡らし、毛先に軽くトリートメントをつける
→毛先にトリートメントをつけることで熱から髪の毛を守り、髪の毛の艶やまとまりもUPします

8割くらい乾くまで、頭皮を軽く擦りながら根元を中心に全体を乾かしていく
→この時、ドライヤーは上から下に向かってあてていく。風を髪の毛に対して上斜め45°に当てるのがベスト!

ドライヤーをあてながら、髪の毛は巻かず、手でクシャッと髪の毛を握って持ち上げ風をあてていく。

仕上げのトリートメントやワックスを使いながら、クシャッとほぐし整えていく。



デジタルパーマの乾かし方についてはこちらでも詳しく紹介しています!
→「デジタルパーマの乾かし方をプロが伝授!コツを掴んで簡単ゆるふわヘアに!」


パーマ乾かし方メンズ編【手順と実践動画】

普通のパーマは濡れた時にカールが一番強く出て、乾いてくるとだんだん緩くなる特性があります。
そのため乾かし方に少しコツが入りますが慣れてくれば、様々なスタイリングを楽しめます!!


【しっかりとカールを出したい】

髪の毛を濡らし、毛先に軽くトリートメントをつける
→毛先にトリートメントをつけることで熱から髪の毛を守り、髪の毛の艶やまとまりもUPします

根元をしっかりとこすって乾かす
→この時、引っ張ったりしないように注意!!風は髪の毛に対して上斜め45°に当てるのがベスト!!

半分くらい乾いたらワックスを揉み込んでいく
→パーマ用や美容師さんにオススメしてもらったものを使いましょう!

あとは自然乾燥!
→自然乾燥が一番パーマが出やすいですが、しっかり乾かしたい方は弱風を使って手で引っ張らないように形を整えながら乾かしていきましょう!



【ストレートっぽくしたい】


髪の毛を濡らし、毛先に軽くトリートメントをつける
→毛先にトリートメントをつけることで熱から髪の毛を守り、髪の毛の艶やまとまりもUPします

8割くらい乾くまで、頭皮を軽く擦りながら根元を中心に全体を乾かしていく

手やブラシを使って軽くブローしながら乾かしていく

仕上げのトリートメントやワックスを使いながらセットしていく




もちと上質な手触り!進化系デジタルパーマとは??



従来のデジタルパーマをかけるときには必ずアルカリが含まれているお薬を使っていました。

しかし、このアルカリを使う事でキューティクルから髪の毛の中の栄養分が流れ出てしまい中がスカスカになってしまう事で、デジタルパーマをかけた後の乾燥だったり、仕上がりの硬い質感を生み出していたんですね。


そこで開発されたのが、弱酸性のデジタルパーマなんです!!


弱酸性でダメージを最小限に抑える!


従来の薬剤とは違い弱酸性デジタルパーマはキューティクルを開かなくても髪の毛の中にお薬が浸透するため、髪の毛の中の栄養分が流れ出るのを抑えてくれる!!つまり、ダメージを最小限に抑えてパーマをかける事が出来乾燥を防いでくれるんです!

またさらに、髪の毛と同じ弱酸性なので施術後もダメージしずらく安定した状態を保つ事が可能です!


カールの持ちがいい

ダメージを抑える事で良い事がもう一つ、、。


パーマのもちが良くなるんです!!!!


ダメージがあればあるほど、髪の毛自体にカールを維持する力がどんどんなくなってきます。

カラーなどもそうですよね。ダメージしてくるとすぐに色が落ちてしまったりします、、、。

「髪の毛もお肌のようにターンオーバーして生まれ変われば良いのに、、。」そうは言っても健康な髪の毛が戻ってくる訳ではないので、出来るだけ痛まない施術をしていく事がカールの持ちをUPさせる秘訣なんです!!


デジタルパーマで柔らかい質感を出す事が可能に!

前述でもお伝えしたように髪の毛の中の栄養分の流出を抑え、さらにau-beオリジナルの技術ですと加温の温度も低温で髪の毛の中のタンパク変性も防ぐ事が出来るため、今までデジタルパーマで表現するのが難しかった、、


柔らかく自然なカールを実現できるようになったんです!


今、急に出てきたタンパク変性。何のことだ!?と思った方も多いはず。

それが仕上がりの髪の毛の柔らかさに、栄養分の流出と同じくらい大きな影響を与えるのですが、、、イメージつきにくいかと思いますので説明させていただくと、、、


沸騰したお湯で

『10分間茹でた黄身までしっかり固まった卵』と
『5分間茹でた半熟の卵』

どちらが柔らかいですか??


という話です!!もちろん、『5分間茹でた半熟の卵』の方が断然柔らかい!!
どれくらいの温度で何分間熱を加えていくかで、卵の質感が全然変わってきますよね。
柔らかかった卵がどんどん硬くなっていく、これが「タンパク変性」です!!


つまりau-beの弱酸性パーマは髪にあてる温度が低く弱酸性のお薬の浸透力の高さで熱をあてる時間も短くて済むので、髪の毛が柔らかく自然な仕上がりになるんですね!!!


顔型別オススメデジパースタイル


ひととおりデジタルパーマと普通のパーマの違いについてお話しさせていただきましたが、

「実際、デジタルパーマでどんな髪型に出来るんだろう??」

気になりますよね。という事で、ここからは特にお悩みの多い顔型さんに合わせたスタイルを1つずつご紹介いたします!!
ちなみに髪型は「ひし形シルエット」に近づけるとバランスが良い!これからヘアスタイルを選ぶ時はこの「ひし形シルエット」に注目しながらチェックしてみてください!!


丸顔さん

日本人に多く、幼く可愛らしい雰囲気に見られやすい丸顔さん。
似合う髪型のポイントは縦長を強調して顔の横幅をすっきりとしたスタイルにしていく事です!!!


【特徴】


・顎が丸く、ほっぺがふっくらとしている
・顔の縦と横幅がほぼ一緒
・童顔に見られる事が多い


【似合うパーマポイント】


①トップやフロントに縦長感を出す→トップにふんわり感を出す

前髪の幅は狭めで顔まわりはタイトにする→パーマをかけすぎないで、ニュアンスのウェーブが出るように縦長を強調して、綺麗なひし形シルエットを目指しましょう!


【スタイル】

丸顔さんのロングスタイルがとってもハマりやすい!

先ほどニュアンスのウェーブを出すのがベストと記述させていただきましたが、どうしても「ボリュームのある」or「しっかり」カール感を出したい!!そんな方は長さがあれば、顎下からカールをしっかり出すことで顔型もカバーしながらパーマを思う存分楽しむことが出来ます!!!


面長さん


実際の年齢よりも大人っぽく見られやすい面長さん。
ロングヘアだと顔がさらに長く見えちゃうのではないのか?と思われがちですが
そんな悩みを打ち消してくれるのが、パーマスタイルなんです!!!


【特徴】


・顔の横幅が狭く、縦幅が長い(縦3:横2)
・大人っぽくクールに見られやすい
・頬に丸みがなく、顔全体がシャープ
・目と目の感覚が狭く、口が小さい


【似合うパーマポイント】

トップには高さを出さない→カールを根元から出さないようにする

②前髪を広めに額は出さないようにする→前髪を目上の位置などに設定。ふんわりワンカール入れて丸みを出す

サイドにボリュームを出す→パーマを計算してレイヤーを入れる事で、ふんわり感と横幅を出す


面長さんにとって横にボリュームを出し、縦長をカバーする事が必要不可欠!!
パーマですと横のふんわり感を出す事が出来るため、
面長さんが特にロングスタイルにチャレンジするときはパーマがとってもオススメです!


【スタイル】


ふんわりヘアは面長さんに多い「地味」「クール」「老け顔」に見られやすいお悩みを解決!
表情をいつも以上に華やかに見せてくれます!!


ベース顔さん


都会的で、かっこいい出来る女!!そんな風に見られやすいベース顔さん。
ただ、かっこよく見られるのは嬉しいけど、、、もう少し柔らかく見られたい時もありますよね。
そんなときはパーマで直線的な顔立ちをマイルドに親しみやすく見せていきましょう!


【特徴】

・エラ・ハチが張っている
・男性的な顔立ち
・縦よりも横幅がある
・全体的に直線的で、平面的に見られやすい


【似合うパーマポイント】

①エラが目立たないようにする→顔まわりに髪の長さを残す事でひし形に近づける

②ハチを目立たなくする→トップにパーマでボリュームをつける

③縦幅を強調する→横にカールのボリュームをつけすぎない

ベース顔さんのお悩みであるエラを隠すのと横幅の広さをカバーするために
顔まわりの髪の毛のコントロールをしっかりと行っていく事が成功の秘訣!!


【スタイル】


なかなかチャレンジしたことのない方が多いかと思いますが、しっかりと輪郭カバーを計算しパーマで柔らかい質感に仕上げるとベース顔さんでも、全然優しい可愛らしい雰囲気になれちゃいます!!


逆三角形さん

顎がシャープで小顔に見えやすい反面、ちょっときついイメージを持たれやすいのが悩みどころ、、また、髪型も顔とのバランスが取りづらくカツラみたいになっちゃったりするんですよね、、。

ですが、ポイントをしっかりつかめば 小顔を生かしてとっても可愛くなれますよ!!


【特徴】


・顎がシャープで尖っている
・ハチが貼って見えやすい
・貧弱に見えやすい


【似合うパーマポイント】

①顎周りのカバー→カール感を計算して顎のあたりにボリュームを持ってくる

縦幅を強調(顎が目立ちやすい)しない→トップは根元からボリュームをあまり出さない

③ひたいは出さないようにする→出来るだけ前髪を下ろすか軽く流すくらいにする

④キツイ印象を和らげる→柔らかい質感を出す事が出来るパーマスタイルはぴったり!


逆三角形さんはショートスタイルやストレートスタイルにするときはかなり注意が必要です。

ショートですとお悩みの顎周辺が露わになるので、くびれのある外はねスタイルがオススメではありますが、、、何せセットだったり髪質の事を考えるとなかなか現実味がないですよね。また。ストレートスタイルはシャープな顔立ちを一層引き立てますので、、そういった女性像を目指している方にはぴったりですが、可愛らしい印象にしたい方はボブか重めのパーマスタイルを選ぶと失敗しにくいです!!


【スタイル】


やはり、重めのふんわりボブがとっても似合います!!!

結構顔まわりにボリュームがあると顔が大きく見られやすいのですが、それをしても小顔に見られるのは逆三角形さんの特権ですよね!!!!!!!


最後に


デジタルパーマと普通のパーマについてご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか??


たくさん違いについて書かせていただきましたが、なりたいヘアスタイル、さらに実際にお客様の髪質を見ての状態次第では、どちらが合うのか合わないのかは変わってきます。


また、デジタルパーマをとりあえずかけておけば必ずダメージが少なく綺麗になれる!!というわけではありません。デジタルパーマの良さを十分に発揮するには「確かな技術力」と「お客様と美容師さんとの信頼関係」が必要不可欠!!


是非、自分にあったお店と美容師さんを見つけて綺麗にパーマをかけてもらいましょう!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

美容院専用ホームページサービス