総合TOP>青山の美容室オーブ>ブログ>実録!【ホワイトアッシュ】ヘアカラーの挑戦

実録!【ホワイトアッシュ】ヘアカラーの挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
実録!【ホワイトアッシュ】ヘアカラーの挑戦

おはようございます!

和智です!


和智ってどんな人?→こちらから


今日は先日カラーをしたモデルさんのヘアカラーを紹介したいと思います。


撮影でお世話になったモデルさん。

髪の相談をされまして、

「髪白にしたいんですよねー」


おぉ….

「する?」


「お願いします〜〜!」


てな軽いノリでホワイトアッシュに挑戦する事になりました。


難易度高いですw

これまでの経験+色々な知識を掻き集め研究しましたw


カラー当日


・まずは現状を徹底確認!!

______________________________________________


な、なるほど….


これは、ホームカラーですね。


色にムラがあります…….また、ダメージも気になるところなのですが、幸いモデルさんが最近バッサリショートにしたのと、髪質が非常に優秀な為なんとか耐えてはくれそうです。


そう!こういったカラーはオーダーされる際の現状が非常に大事です!!


髪が施術に耐えられないレベルの傷み方をしている場合は、お断りする場合もございますm(__)m


髪に負担の大きい施術をご検討の方は、なるべく前もってご相談下さい。


・1度目ブリーチ

______________________________________________



どこまで抜けるかなぁ〜〜、


っとブリーチは髪に負担をかけすぎない為、回数より放置時間!!


しっかり時間を置きます。


色むらをカバーする為に、中間の色むら部分を見極めながらの塗布はかなり大変でしたw


さらにブリーチは高速な塗布スピードが要求される為、全身全霊ですw



んん〜〜…….


だいぶ色は抜けましたが、毛先のオレンジ味が気になりますねm(__)m


これでは白までもっていくのは難しそうです。


やむを得ないか………


しかし、本当に優秀な毛質だ!w

これなら、イケる


・2度目ブリーチ

______________________________________________


ここでさらに色がオレンジ味の残っているところからの塗布、と塗り分け


色むらをさらにカバーします。


しっかり時間を置いて、



OKっす!!!!


これ以上は髪に負担がかかりすぎる為、ブリーチはここまで。


ちなみに、ホワイトアッシュはブリーチで限界まで色を抜ききる訳ではありません。


ブリーチはしても2回まで、それ以降は髪にダメージが出すぎてしまいますm(__)m


【白】ではなく、「黄」まで持っていければ、あとはカラーで “限りなく白に近い色” にする事が可能です。


・中間リンスを使用し、炭酸泉で洗います。

______________________________________________


何故か?

ブリーチは髪に大きな負担を与えると同時に、本来【弱酸性】の髪の毛を、思いっきり

【アルカリ性】まで持っていってしまいます。


そこをなんとか弱酸性方面に引き戻してあげる為、中間リンスは必須です。


そして、次に


・黄色の捕色→紫を混ぜ込んだカラーをON

______________________________________________




今回は、モノトーンという色に、紫を混ぜ込み黄色味を抑えにかかります。


また、全て白くしてしまうとカツラ被った感じになり、不自然なので、


根元は6トーンの薬剤を選定し、毛先の透明感を際立たせます。


・仕上がり

______________________________________________



うん、良い感じではないでしょうか!


根元のダークトーンは毛先の透明感を際立たせてくれており、毛先もしっかり黄色味を抑えてホワイトアッシュと呼べる色に仕上がっております^^


如何でしたでしょうか。


まだまだ反省点のある、未熟な施術ですが、やはりカラーは楽しいです!


春先に向けてのイメージチェンジ

、どしどしご予約頂いております。


思い切って新しい自分を見つけ出すのも楽しいですよw


では!今日はこれにてm(__)m


au-be
和智 亮汰


au-be 青山店

au-be 青山店

Written by: au-be 青山店
パーマやカラーをくり返せばくり返すほど髪が傷んでいく・・・。 キレイになるために美容室に来て頂いているお客さまにダメージを与えるのはおかしい。 来て頂ければ頂けるほどにキレイになって欲しい。 だからオーブでは徹底的に “ダメージレス” にこだわっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス